topimage

2009-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フードプロセッサー - 2009.11.21 Sat

フードプロセッサーを使ってみた。

仲良しのM夫妻から以前お祝いでもらったんだけど
やっと日の目を見るときがきました。

とりあえずハンバーグのパテ作り。
F1000040.jpg
材料を入れ

F100041.jpg
蓋をしてミキシング。

F1000042.jpg
30秒くらいで出来上がりー。

あんまり早く出来上がるもんだから加減が分からず
粗引きハンバーグの予定が超ふわふわ。

焼いたら凄く縮みました!(笑)

あまりの便利っぷりに笑ってしまいました。

どうも有難うございました!
スポンサーサイト

ペルー ラスト - 2009.11.19 Thu

色々アップしたんですが最後は
チチカカ湖です。

ペルーとボリビアの国境にあって標高3800位。富士山よりも高く。
そこかしこに高山病に苦しんだ白人の方々がいましたよ。

DSC00462.jpg
チチカカに行く途中の今回の旅の最高標高地ララヤ峠。4300メートル。
ちなみに後ろの山は5400メートル位。
商売している人がいるのに驚き。
酸素濃度が平地の60%。お湯も80度台で
沸騰するよ。

DSC00455.jpg
チチカカ近くのクイ。食料。

DSC00485.jpg
現地の住居。外は30℃位でも中は快適。


DSC00522.jpg
チチカカ湖。琵琶湖の12倍。葦で作った人工の島と葦の家に住んでます。
ちなみに、この辺のホテルには酸素ボンベが常備されている。
僕の泊まったホテルでもあまりの高山病で医者を呼んでる人もいました。
血中酸素濃度を測る機械だと、高山病の日本人で76%くらい。
地元の人は95%位だそう。

DSC00526.jpg
こんな船で行ったり来たり。
もちろん今は観光用。
きっちりボートにはヤマハのエンジンが付いてましたよ。


DSC00565.jpg
チチカカの夜明け。

今回の旅は始めての南米と言うことで
いろんな刺激がありました。まだリマの市街地や、砂漠地帯なんか
も書こうと思ったんですがとりあえず終わり。

そういえば今回の旅で一度も野良猫をみなかった。
野良犬はたくさんいたのに。。。
現地のガイドに聞いてみたら、みんな家の中で飼うそう。
外に出すとほかの人に食べられるからって。
猫は美味しいって。。。。ほんとかなあ。

ペルー4 - 2009.11.17 Tue

クスコから車で3時間、電車で2時間
さらにバスで30分乗り継いでおまけに
20分山登りすると有名なマチュピチュ遺跡に
着きます。
遠すぎですよ。

DSC00262.jpg
途中の川。名前は忘れたがアマゾン川源流の一つ。

DSC00418.jpg
こんな山岳列車で行きます。
白人ばかり。今回の旅ではわれわれ以外は日本人見かけなかった。
どこにでもいる中国と韓国の人も見なかった。

DSC00305.jpg
マチュピチュ駅。案外近代的。

さらにバスやら、徒歩やらでやっと着きました。

DSC00327.jpg
うーん凄いの一言。
実は発掘されているのは頂上だけでこの山
一つが遺跡だそう。
インディージョーンズのモデルになった
ハイラムビンガムが発見したと言われているが、
地元の人たちはもっとまえに知っていたよう。





DSC00348.jpg
周りがこんな段々畑。
アルパカもいっぱいいたよ。

DSC00399.jpg
しかもぐるっと断崖絶壁。
一つ一つの石が5~10トン位。
運んだ場所はわかっているが、運び方が
いまだに不明。
またもミステリー。。。

DSC00408.jpg
軽くトレッキング。

世界中のトレッカーの憧れの一つの
インカトレイル。
30分ばかり足を踏み入れる。

DSC00411.jpg
さらにつり橋。
幅が1メートル無いくらい。
クスコまで続いているらしい。

DSC00422.jpg
かえりのお茶はいつもコカ茶
これ全部コカの葉っぱです。

日本では犯罪だけどここらじゃ袋一杯で60円くらい。
現地では薬のようなあつかい。
飲むと頭すっきり。

ちなみに入国では確実に逮捕だそうです。

つづく。。




ペルー3 - 2009.11.15 Sun

マチュピチュ遺跡に行く途中の
中継地点にあるのがクスコです。

ここも中心部なんかは世界遺産に登録されてます。
ここでハプニングが。。。

なんとガイドが高山病になってダウンしたんです。
まあ現地ガイドがいたから良かったんですが
なんせ標高3600から3700位。
富士山の頂上位に突然飛行機で降りるもんだから
ほとんどの人がなるらしい。。。

幸い登山が趣味の僕はなりませんでしたが、
ちょうど一緒に降り立ったひとの半数はホテルで酸素吸入。
恐ろしいところですよ。。。


PB040163.jpg
サントドミンゴ教会。
インカの太陽の神殿の上に建てられてる。

PB040166.jpg
有名な12角の石。
インカとスペイン植民地時代はすぐにわかる。
何せインカ時代の石積は剃刀も入らないくらい
精巧。
その後のスペイン植民地時代は目地がはいってる。

DSC00230.jpg
クスコの町並み。

DSC00241.jpg
名物クイ料理。
モルモットです。開高さんの本にも書いてあった。
けっこううまい。
ちなみに奥のの肉はアルパカさん。くせがある。

DSC00249.jpg
民族音楽のフォルクローレの演奏。
最後まで聞かなかったが
〆はかならず「コンドルは飛んでく」らしい。

つづく。

ペルー2 - 2009.11.13 Fri

ちなみにナスカの地上絵はこんなセスナで
見学します。

地上絵地帯は現在立ち入り禁止になってるよう
ですので上空から見るしかありません。


PB020047.jpg

で、こちらが地上から観測できる観測塔
PB030097.jpg
マリア・ライヘという地上絵の研究者が作った。
上空から出ないと観測できないため飛行機が発達するとともに
発見された地上絵も多いらしい。

PB020063.jpg
お猿さん

PB020060.jpg
宇宙人?


DSC00157.jpg

ハイウェイがど真ん中を貫いてる。
今はペルー政府が管理してるが当時はあまり関心が
なかったらしい。
なにせ人工衛星位じゃないと確認できないものも
ある。


いろんな書き方の説があるけど現地の人は
宇宙人が書いたと思ってる人も多いらしい。
何せ書かれたのは紀元前ですから。。。


ナスカで一泊しその後これも世界遺産のクスコへ。


つづく。

ペルー 1 - 2009.11.11 Wed

やっと日本につきました。

ずっと行きたかったペルー一周してきました。
開高健の「もっと広く」を読んで以来憧れていた場所
でもあります。

DSC00018.jpg
アラフォー駅に立つ。

ヒューストンでの乗換えを含めて約21時間でリマに到着。
かなりドヨンとした空気。
なんせ840万人すべての移動が車しかない都市。
スモッグの凄さは世界有数。おそるべし南米。

でも少しでも都市から離れるとすべて砂漠、砂漠。。。
アメリカ南北縦断高速道路を走ると
見えてきたのは「砂漠の海岸」です。

DSC00062.jpg
開高さんがドンルーチョと釣りをしたのはこのへんかしら?
と思いつつ見やっているとペリカンやら海鳥がけっこういる。
でも釣りしてる人は誰もいません。。。


DSC00085.jpg
オアシス。砂漠の真ん中に突如出現。
漫画みたいにホントにあるんだ。

DSC00093.jpg
チチャモラーダ。紫とうもろこしのジュース。
薬くさい。。

砂漠を南下していると大きい町が。
有名なナスカです。

この町でも一泊して夜も繰り出したんですが
南米の夜は「お金はもたない」「貴重品ももたない」
が原則。

治安の悪さは絶好調です。

でも晴れた日にセスナに乗り込むと。

DSC00155.jpg
地上絵 ハチドリ

こんな地上絵がたくさん見えます。
パイロットやガイドは世界の語学に通じてるらしく
「こんどるー」「はちどりー」と日本語で教えてくれます。

つづく。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

にーさ

Author:にーさ
好きなもの。自然・山・釣り・服・旅行・そば・パン。
ゆるく生きてます。
でも、仕事はモーレツ営業マン。
写真は家の窓から。

CalendArchive

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

食べ物 (38)
おでかけ (22)
釣りなど (18)
アウトドアな道具 (15)
お買い物 (5)
未分類 (36)
服など (2)
登山 (8)
本など (11)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。